記事詳細ページ

1年で最も陽が出ている時間が短い日です

12月22日は冬至です。1年で最も陽が出ている時間が短い日ですね。

冬至には地域によって様々な風習があるようですが、この山形県村山地方では昔から小豆とかぼちゃを一緒に煮込む「冬至かぼちゃ(小豆かぼちゃ)」(いとこ煮ともいわれます)が食べられています。長期間保存できるかぼちゃを冬に食べる習慣は、寒さが厳しい東北地方によく見られる風習のようですね。

和合荘では冬至にちなみ「冬至かぼちゃ」を昼食にご用意し、お風呂には柚子を浮かべた「柚子風呂」にしました。

昼食に提供された、柔らかく煮込んだかぼちゃは食べやすく、皆さんペロリと食べられていましたよ。

柚子風呂は爽やかな柚子の香りがほのかに香り、気分よく入浴されていたようです。

 

2017.12.22:[お知らせ]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映